20代の頃の板橋花火大会

20代の頃の板橋花火大会

夏と言えば花火大会は必ず行きたい。
そんなお祭り付好きなので、毎年どこかしらの花火は見に行っています。

 

20代の頃お付き合いしていた彼と付き合い始めてすぐに行ったのは板橋の花火大会でした。
交通手段は渋滞があるので電車で、この日の為に買ったお気に入りの新しい浴衣を着ていきました。

 

駅からは花火大会目的の人の波で流されるままに進むと会場につき、混んでいましたが花火を堪能することが出来ました。

 

ですが、問題は帰りでした。
またもや駅までの人混み…そして急にゴロゴロっと雷が鳴りだし、人混みで動けない状況で雨が降り出しました。
折角の浴衣もびしょ濡れで、なんとか駅にたどり着いて電車に乗っても中は雨で濡れた人たちの満員、湿気と暑さで気分が悪くなりながらも耐えていましたが、極めつけに落雷で電車が止まるというアクシデントまで発生しました。

 

結局数時間車内に閉じ込められ地元に着いたのは深夜でした。
良い思い出になると思ったのに、帰りは2人とも疲れ果てて無言で帰宅し、ある意味絶対に忘れられない花火大会になりました。